人と人で創り上げる家。
建設中はもちろん、お引渡してからも
おつきあいは続きます。

お訪ねしました

小林さん

私の夢を叶えた「黄色いのぼり」。
「趣味を愉しむための家」。

「黄色いのぼり」が縁のはじまり!

ご主人の小林博樹さんは、スポーツマン。
スキー、サッカー、マラソン、そして音楽を楽しむ、たくさんの趣味を持たれた方。
これまで何度もフルマラソンに出場し、サブスリー(3時間30分のレースタイムを切る)を目指す、本気の市民ランナーです。
賃貸マンションにお住まいだった小林さんは結婚を契機に、家賃を払い続けるよりも、買って財産になる一戸建ての購入を考えはじめていた。

  新しい住まいでは、このからの人生の楽しみとして「楽器」を、自由に練習できる家が夢でした。
そんな頃、ランニングしていたコースの途中に、アイワホームの「強い家づくり」と書かれた黄色いのぼりに目が止まりました。こののぼりが縁を取り持ち、私の夢を叶えてくれたのです。

何とびっくり!72歳の営業マン。豊富な経験と知識が会社を動かし、最小の予算で、夢をカタチに!!

 小林さんは、思い立ったらすぐ行動に移される性格。
アイワホームのことを詳しく知るために小林さんは、さっそくインターネットの検索サイトで「アイワ」「吹田」と打ち、ホームページを調べた。
吹田の地域密着型会社であること、施工実績の多いことを確認した。
他のウエブサイトに掲載されているアイワの評判なども調べ、「この会社なら、私の夢が叶うかも!」と直感。ランニング途中で見つけた黄色いのぼりのある、岸辺北のオープンハウスをすぐに見に行った。
そこで出会ったのが、当社の経験豊富な大ベテラン営業の寺内だった。
御歳72歳。当社には定年がなく、元気であればいつまでも働かしてもらえるとニコニコ。
「温厚な方で、そのにこやかな笑顔とていねいな応対はとても印象が良かったです」と。
どんな家を建てられますかとお聞きすると、趣味のサックスが思い切り練習できる「防音室」と、バイクを保管できる「ビルトインガレージ」のある家を造りたいと・・・。
しかし、予算は少ない・・・。

みんなで夢をカタチに!

  カラオケ、ピアノ、DVDシアターは隣家に迷惑かけることが多い。
家づくりでも難しいとされる音のクレームは山ほどあることを知っている寺内は、さり気なく小林さんの「夢」を持ち帰り、尻込みする関係者を集め、設計・施工と協議を重ねた上、プランと見積もりをお届けした。
 「まさか吹田市内で一戸建てがこんなに手頃に建てられるとは思ってもいませんでした。エコZ防音断熱の性能の良さに驚きました。防音室を設けても、予算内で納まりました。」
マンション購入とさほど変わらない価格で、吹田市内で一戸建てが持てる。建売住宅でもグレードが高いのが魅力です
サックスが練習できる防音室があり、バイクを置くビルトインガレージだけでなく、クルマを置く駐車スペースもあり、駐車場代もかからない家が建てられる。
小林さんの「夢」が「カタチ」になりはじめた。

通常では考えられますか?思いっきり家の中でサックスが吹ける。

 遮音だけしか知らないと、吸音の3~5倍の費用がかかる。
防音性を高めるには遮音と吸音の組み合わせにつきる。
立地や間取り、サックスの音域や音色、練習時間、頻度などを考慮し、3階に防音室を設けた。
壁は防音効果があるアイワのエコZ防音断熱材「セルローズファイバー」に、防音パネル、遮音パネルを重ね、天井には、吸音効果のある天井材、防音ドアや2重窓で、音を遮るだけでなく美しい音が響く、心地よい音の環境づくりを心がけた。
現在、この防音室では、アベマリアなどクラシック曲や、ジャズやポップスのスタンダード曲を練習されている。
休みの日か仕事から帰宅後の夜にサックスの練習をするので、近所迷惑にはなりたくなかった。
3階の床にエコZ断熱材を入れていないので2階のリビングでは、3階「防音室」の音が伝わるが、家の外に出ると、全く音がしない。
これなら隣近所に迷惑をかけないし、思い切ってサックスが吹ける。
小林さんが通っている音楽教室は、毎年、吹田市文化会館のメイシアターで、発表会がある。
先生からは、「りっぱな防音室があるんだからたくさん練習して、今年は出ましょう」と。
その初舞台を踏む日もまもなくだ。
こう云う方々に、アイワの防音を活用してもらえれば、隣近所仲良く出来る。

ご夫婦専用シアターとしての「防音室」。

 音にこだわる小林さんは、イギリスの老舗スピーカーメーカーの臨場感あふれる音響システムを購入され、シアタールームとしても楽しまれている。
邦画も洋画も、アクションもミュージカルも、ご夫婦二人だけで楽しむ・・・。
恋人時代そのままの素敵なお二人です。
この部屋を見たお友達は誰もが驚き、羨ましがられます。
防音室があることも、趣味を大事にしていることも、そして、それほど熱中しその趣味のために理想の夢が叶う家を造り上げた情熱に。

雨でも夜でも好きなバイクに触れることができる。我が家の心安らぐ特別室。「ビルトインガレージ」。

さて1階に設けた「ビルトインガレージ」。
途中で投げ出すと思っていたんですが・・・とご主人。
バイク好きの小林さんの影響を受け、奥様も苦労と情熱の末、見事、大型自動2輪免許を取得された。
現在、ビルトインガレージには、ご主人自慢のカワサキの“ニンジャ”と、奥様の“ハーレーダビットソン”の2台が並びます。
雨の日は、愛車を磨いたり、メンテをしたり、マシンいじりを楽しみます。
「これで、大安心です。バイクは屋外に止めると、盗難やいたずらにあいます。まして何よりも大切なバイクですから。」
「これほど安価で自由に設計、建築できるとは思ってもいませんでした。」 この喜びにアイワの総合力を実感した。
選択肢が多く、例えば、外壁のレンガ一つひとつの色や大きさまで、営業も工事の方も「どうしましょう」と尋ねられます。
返答に困っていたら、きちんとわかりやすく利点や理由を説明してくれます。
「これをおすすめします」と、自分の事のようにアドバイスしていただけました。」と小林さん。
「趣味を愉しむための家」と云う夢をカタチにされたご夫婦。
家づくりも愉しまれ、今後の人生も素晴らしい形にされていかれることを感じたインタビューでした。

ページトップへ

お問合わせは

0120-359-395

9:00~19:00 定休日:水曜日

地元吹田で10年連続実績No.1
売主につき仲介手数料不要

チラシ 一覧を見る>>

アイママ 家守リフォーム アイワファーム
アイワホームfacebook 社長の徒然日記 竹中徹郎のブログ 小谷の日記 元気に明るくちょっとアホBlog
Copyright(c)2016 AIWA-HOME Co.,Ltd. All rights reserved.

NPO法人 環境共棲住宅 地球の会

私たちは「吹田リトルシニア」を応援しています。

株式会社 中製作所