人と人で創り上げる家。
建設中はもちろん、お引渡してからも
おつきあいは続きます。

お訪ねしました

有間さん

欠点も長所に変えてしまった。
点数を付けるなら99.99点の家。
(100点の家なんてありません!)

 住まいの感想をお伺いし、「大満足です。点数を付けるなら99.99点です」とお聞きするのは、建築会社冥利に尽きます。
この話は2008年6月、吹田市内本町に家を新築された有間さんとアイワホームの、夢の家づくりプロジェクトXです。

 大きな12mの国道479号線(中環状線)沿いにある吹田大橋の手前に、有間さんのお住まいは完成しました。
当初、高低差のある土地を見て「こんなところに建てられない。建てたらエライ目に合う・・・」大通りは車が多く、騒音がうるさくて「寝ていられないのでは・・・」と周りの人々は言いました。
 そんな心配を見事に消し去って、8ヶ月かけて家は出来ました。
道路から眺めると普通の2階建に見える家なんですが、実は3階建なのです。そして非常に機能的なすぐれ者の家なのです。
宅地は大きな国道から3mの高低差のところにある物件です。
こんなに高低差の大きな土地を利用して家を建てるなど考えられないことなのです。
普通なら1階に玄関、2階はリビング、3階に居室が一般的です。
しかし、この家の出入口は2階で、玄関ドアを開けるとリビング&ダイニング。
高低差を利用することで、皆が集まる2階が起点となり、3階へ上がる時も1階へ降りる時も短い動線で効率がよく合理的に動けるから、一般的3階建に較べるととても使いやすい家なのです。
買い物をしてきた時やゴミ出しなど、外から家へ、家から外への出入りも、上下の階段を使いません。
「だれかが帰ってきたら、まず、ここで皆が迎えるふれ合い動線にしよう。みんなが集まる憩いのスペースにしよう。」とご主人の家族を思いやる心が形になった。
南側の12m道路があるために1日中光はサンサンと部屋に入る。心配した騒音もなんのそのでした。
 20回、いや30回は打ち合わせを重ね、有間様とアイワホームのプロジェクトXは、高低差のある立地、国道沿いの騒音など、ハンディキャップのある立地の弱点となるところを、最高に価値のある家へと創りかえてしまったのです。

一戸建は想定外。(ところが意外な展開になっていった)特に木造住宅は高いというイメージを持っていましたから。

 当初、一戸建は有間さんの頭にはなかった。
「木造住宅は高い」と勝手にイメージをもっていたからだ。
結婚を機に、今までのように“賃料”を払い続けるか、それとも“財産”になる家を持つかを考えた。
漠然と生きてきた有間さんが、生きてきて初めて真剣にものごとに取り組んだ。
“財産”になる方に前向きに考え方は固まっていった。
そして、吹田市内の新築マンションを購入するため手付金を支払った。
ところがそんな時、神のお引き合わせか、以前からよく知っているアイワホームへふらっと行った。
そこで色々と話をする機会に恵まれた。
一戸建の返済プランを見ると“毎月10万円”を支払いするだけで、一戸建を持てることが分かった。
「この価格なら自分達でも買える!」と、強い自信を持った。
今まで自分が思っていた「一戸建住宅は高い」という固定観念が吹き飛んだ。

 そうなると行動は早い。
新築マンションはキャンセルし、家族の幸せのため、木造一戸建住宅の契約に至ることとなった。
賃貸マンションも分譲マンションでも駐車場代はかかるし、管理費も修繕積立金もいる。
一戸建には車庫が付いているから駐車場代は不要。
車を置いてから部屋までの動線はたんへんな距離です。
家の横にガレージを設けられ、勝手口から買い物したものが置けるのは貴重な価値です。
子どもたちは遠慮することなく自由に遊べ、マンションに比べると実質の毎月の支払いも少ない。
比較することでメリット、デメリットが自ずから解明された。
“財産”として残るのは、やはり土地付き一戸建。
勇気ある決断と行動力は、「30年の月日」で大きな果実にしてくれると確信した有間さん。
総合的に判断して、正しいと信じたから果敢に取り組む有間さんの態度に、アイワホームのプロジェクトXも力が入ることとなる。
考え方を前向きにすることで、道は自然に開けるものなのですね。

熱意とコミュニケーションの多さが、いい家を作れる原動力!

 工事が始まると、毎週土曜日には必ず出かけ、それ以外の日も何かあるごとに立ち寄り、自分たちの意見や希望を事細かく伝えた。
「できませんと言う言葉を一度もはかれませんでした。仮にできなくても、次のアイデアや提案が返ってきました」と、さすがこれがプロの仕事だと感心したという有間さん。
奥様は、鏡と洗面台をチョイスするのに、既製のものではどうも納得できません。
インテリア・ショップで気に入ったものを購入し、大工さんに塗装と加工をしてもらい、オリジナルなものに仕上げ、どこにもない価値を生んだのです。
 そのほんの一例として、高低差のある立地で2階に駐車スペースを取る時も、丈夫で下の部屋への風や光が届く構造にするためエキスパンドメタル仕様にした。
「1階へも光が入り風も通り想像以上です。」とご主人。
「国道沿いなので、余り目立たないようにお願いしましたが、社長さんは、(いい場所でいい宣伝にもなるので)、もう少し派手にしたらとおっしゃったそうですが(笑)」。
そうして、レンガ造りの南仏プロヴァンスをイメージした個性的で、どこにもない外観の家ができあがった。
吹田にまたひとつ住まいの傑作が誕生しました。

 有間さん宅を訪れる友人や知人とはこんなやりとりが繰り返さる。
「いい家ね、どこで建てたの」。
「アイワホームさん」と答えると、誰もが「アイワホームらしくないと」。
というのは、アイワホームは木の家のイメージで、自由設計で知られていますが、ここまでフリー・プランいう印象をもたれてないからです。
「こんな風に建てられるのなら、私も」という人も少なくないとか。

前向きになって家を建てたら、何もかもが幸せないい方向に!

 家を持ち、前向きな思考を持つようになった有間さんは、さらに大きな会社に転職できるという幸運に恵まれた。
奥様も今まで以上に、仕事や家事に料理に頑張っておられます。
料理の腕もさらに上昇中!
家族への愛情がいちだん強くなったとのこと。
お子様たちも、家や自分の部屋を自慢したくて、友達をよく招待するようだ。
下のお子様は、ちょっと引っ込み思案でしたが、とても明るく積極的になったとご両親は大よろこび。
「家は人の気持ちをこれほどまで変える力があるんですね」と驚きが隠せません。

 最後に家づくりについて一言、「自分たちの家なんだから。考えていること、いいたいことはいう。わがままでいいんじゃないんですか。」
それを聞いてくれ、形にしてくれたのがアイワホームさんでした。
「設計や工事の方もすごく話しやすかったですし。お互いの信頼関係ができれば、納得、満足できる、限りなく100点の家を創りあげれるんですね。」
家は家族全員の共同事業です。
絆を最強にするものだと感じずにはおれません。
生涯でこれほど家族の絆を強くするものが、他にあるでしょうか!

ページトップへ

お問合わせは

0120-359-395

9:00~19:00 定休日:水曜日

地元吹田で10年連続実績No.1
売主につき仲介手数料不要

チラシ 一覧を見る>>

アイママ 家守リフォーム アイワファーム
アイワホームfacebook 社長の徒然日記 竹中徹郎のブログ 小谷の日記 元気に明るくちょっとアホBlog
Copyright(c)2016 AIWA-HOME Co.,Ltd. All rights reserved.

NPO法人 環境共棲住宅 地球の会

私たちは「吹田リトルシニア」を応援しています。

株式会社 中製作所