人と人で創り上げる家。
建設中はもちろん、お引渡してからも
おつきあいは続きます。

お訪ねしました

陰山さん

野球、バレーボール、子育てにエンジン全開!
ご夫婦・お子様とのお付き合いは、深く進化して行きます。
うれしい会社です。

野球チームの重要人物。みんなのお世話が大好き!喜ぶ陰山さん。

我が社の野球チームはヤングジャガーズ。
名付けは社長です。
名前負けで、豹のように強くなくメンバーは決して若くありませんが・・・。心は皆、若いです。
メンバーはアイワホームの社員、「感動の家づくり」のパートナーの職人たち、家を買っていただいたOBの皆様と、混成ですが皆地元吹田です。
今回紹介させていただくのが、アイワで家を建てたOBの陰山秀則さんです。

 

 「はじめ私が所属していた草野球チームにアイワの営業の中くんをスカウトしました。学生時代に野球部でバリバリに活躍していたことを聞いていましたから、戦力としてゼッタイ欲しかったのです。あいにくそのチームは消滅。代わりに中くんからアイワのチームをつくろうと誘われました」とチーム入りのいきさつを話されます。
 陰山さんは、チームにとって大きな存在です。
練習するグランドや、対戦相手を探していただいたり・・・。
プロ野球のシーズンオフには、なんと!「大阪ドーム」を確保していただきました。
プロ選手のようにグラウンドに立つことができ、チームメイトも家族もリッチでステイタスと喜ばせていただいたことでした。
本当に陰山さんのおかげです。

野球は口実、本当の楽しみは・・・。

 さて、ヤングジャガーズは気候のいい春から秋までのナイターに活動。昼間は皆、仕事に打ち込みます。試合は勝ち負けにこだわらず、全員が参加し、全員が楽しむことが最大の目的。
「気さくでいい人ばかり。和気藹々としたノリで、すっと溶け込めました。近所の友達と遊ぶような感じです」。
家づくり」に皆が参加している縁なのでしょうか・・・。
皆がとても積極的です。
 病院にお勤めの陰山さんにとって、建設業界は別世界。
職場の仲間とちょっと違う、異業種交流に大いに影響され、感化されるとのことです。時々、顔を見せるアイワの社長の印象を「いろいろご苦労やご経験をされているのでしょうが、あのリーダーシップ力には脱帽します。組織をまとめて、動かす。大黒柱はああでなければと、勉強させられます」。
健康的に汗を流した野球のアフターは、何をおいても食事や飲み会やカラオケ。
「これが楽しみで仕事も頑張れます。(笑)」。

 

 陰山さんの奥様にもお世話になっております。
アイワでは、バレーボールチームを発足する計画もあり、有志が活動を始め、意気込みは相当のようです。
こちらは選手経験もあり、今も他のチームに所属する奥さんの出番。
指導や協力をしていただけるので心強いばかりです。
社内では、ボールやユニフォームを早く揃えたいという声が上がっています。
おつき合いはスポーツだけではありません。
アイワが例年開催している忘年会の季節になると、誰からとなく、「陰山さんとこ4人入れとってな」と勝手に出席扱いし、ご家族全員にご出席いただいております。
アイワの家族・親戚同様のお付き合いです。

ご縁は「子育て自然派住宅」お友達もアイワの家。

  陰山さんとアイワの出会いは10年ほど前にさかのぼります。
一家は、以前、大阪、北区の天神橋筋六丁目のマンションで暮らされていました。
ご夫婦とも吹田の済生会病院にお勤めされ、お子様を吹田の小鳩保育園にあずけていました。
小学校入学前に、子供のため一生に一度の大きな買物として“家を買おう”と決断。
お友達が入る吹三地区(吹田第三小学校区)で住まいの購入を限定し、探し始めました。
「保育園の同級生のお宅がアイワホームに建てていただいて、見学させていただきました。木のあたたかいぬくもりを感じ、ひと目で気に入りました」と当時を振り返る奥様。
正しい判断に今でも満足しています。
縁は発展し続け、まさかこんなに長い深いつきあいになるとは思わなかったはずです。
「子育て世代の自然派住宅」のパワーなのでしょう!

人生で大きなチャンス!いい思い出!テレビ番組の取材にも、お宅を使わせていただきました。

 リビングルームには、ナインティナインの岡村さんに抱っこされている長女の奈々ちゃんの写真が飾られています。
実は新築間もない頃、日本テレビの番組の「ぐるぐるナインティーン」で、地元の出身の矢部さんが一戸建て住宅を探すという企画があり、「吹田で一戸建てを買うのならこの家」とアイワホームに話が入り、陰山さん宅に白羽の矢が当たりました。
 人はチャンスに出会うと、ほとんどの人が尻込みします。
出来ない理由を探します。ところが、陰山さんはとても前向きです。番組協力をお願いすると、「我が家が主役となり放映されるので、いい思い出になる。使って欲しい」と快諾していただきました。すごいですね。
「ナインティナインのお二人と、はしのえみさんが、来られました。一生忘れられないできごとですね」。
プラス志向の良い縁は進化するんですね

社長にお手紙をくれる長女の奈々ちゃん。

 その時、まだ4歳だった長女の奈々ちゃんは小学6年生に。とても明るく、可愛く育っています。妹の理子ちゃんも明るく元気いっぱい、とてもしっかり者です。親を見て子は育つのですね。
 今でもロフトのある自分の部屋が大のお気に入り。
陰山宅は、お友達を呼んでお泊り会や誕生日パーティの会場に子供たちから大人気です。
「私の夢は、大きくなったらアイワホームで家を建てること」とあどけないなかにも、しっかりと、話されます。
奈々ちゃん・理子ちゃんは、アイワの社員誰からも可愛がられ、社長からなんと!お年玉をもらい、そのお礼の手紙を返す間柄です。
社長は、奈々ちゃんからお手紙をいただいたのもうれしかったのですが、陰山さんご夫婦のプラス志向で前向きなしっかりした子育てに、感激しておりました。
陰山さんの家を造らせていただいた縁で、ご家族皆様に末長くおつきあいいただき、ありがとうございます。
アイワはこれからも、共働きで子育ての方々を支援できる「子育て世代の自然派住宅」に磨きをかけてまいります。
今後もヤング・ジャガーズ共々、明るく楽しく嬉しく面白くお願い申し上げます。

ページトップへ

お問合わせは

0120-359-395

9:00~19:00 定休日:水曜日

地元吹田で10年連続実績No.1
売主につき仲介手数料不要

チラシ 一覧を見る>>

アイママ 家守リフォーム アイワファーム
アイワホームfacebook 社長の徒然日記 竹中徹郎のブログ 小谷の日記 元気に明るくちょっとアホBlog
Copyright(c)2016 AIWA-HOME Co.,Ltd. All rights reserved.

NPO法人 環境共棲住宅 地球の会

私たちは「吹田リトルシニア」を応援しています。

株式会社 中製作所