アイワホームの家づくりは、実際に建て始めて(基礎作り)から完成まで約3カ月ですが

その中の大きな節目が、柱や梁などを組み立て、屋根の一番上にある梁を取り付ける「上棟」です。家の骨組みが出来て、一気に家らしくなるこのタイミングは、お施主様にとっても、我々にとっても印象深いタイミングとなります。

アイワホームの上棟は、基礎の状態から屋根部分の組み上げをまでを一日で行いますが、今回は3階建住宅の上棟の流れをご紹介します。

上棟の主な流れ

<前日まで>
〇基礎づくり
〇自社工場にて木材をプレカット
*プレ(前もって)カット(切る)。設計図に合わせて、木材を切断し
加工(結合させるための金具を取り付け)を行います

<当日>
〇作業用の足場を設置
〇現場に木材を搬入
〇1階
〇2階
〇3階
〇屋根

上棟の流れを画像でご紹介(基礎~1階)

今回は吹田市内にて約20坪程度の土地に建てる3階建住宅です

基礎部分はアイワの家の基礎作りを多数手がけた、ベテラン職人による施工です

当日朝、自社工場(大阪市東淀川区相川)から、自社でプレカット済みの木材を積んだトラックが出発します

現場では作業用の足場を整えてスタンバイ

現場にトラックが到着しました

■1階梁、1階柱
木材に組み込まれた金具に、柱がはめ込まれていきます

<はめ込み前>

<はめ込み後>

■2階梁

ここからはクレーンの出番です

クレーンでだいたいの位置まで移動して

はめ込みます

クレーンが届かない場所は力を合わせて人力で持ち上げます

一番目立つ位置の梁には、この家に住む家族が幸運に恵まれる事を祈り「家運隆盛」の文字が刻まれています。

これで1階部分が出来上がりです

上棟の流れを画像でご紹介(2階~屋根)

2階床が上がります これで高所の作業がはかどります

2階の柱が立ちました

3階の梁が運び込まれます

2階も形になりました

次は3階です

高所での作業は、通常に増して注意が必要です

3階の梁が出来て作業も終盤、青空も見えてきました!

最後は屋根の骨組みを上げ(これが文字通り「棟」を上げる)

屋根板を乗せ

完成です!

ここまで大小合わせて400個弱のパーツを5時間程度で組み上げました。

天候にも恵まれ今回もスムーズな作業が行えました。

次回は、上棟作業を支えるスタッフの技に注目して取り上げます。